18時の音楽浴 / music at 18:00


日本のSFの父と言われる海野十三。
彼の作品「十八時の音楽浴」というタイトルにインスパイアされて描きました。未来、ある種の洗脳の手段として使われた「音楽」。人工知能を持ったアンドロイド。開発している博士は人なのか?それとも人工知能なのか?
第二次世界大戦直後に描かれたディストピア。彼の作品のタイトルは時々、詩的に感じる。
何人かの登場人物を描いた一蓮の作品。科学者、為政者、おそらく人造人間などなど、そこに息づいているだろうか?

1面
size:H600×W200
price:¥36,000(税抜)